ぶーこ書籍化ウラ話②【2人の美人編集者】

⇒出版のご報告

⇒第1話「ぶーこ講談社へ行く」

 

 

東京の講談社へ行き、初めてお会いした副編集長のAさん。

色白美人で黒目が綺麗な茶色。髪の毛も目の色と同じ茶色でふわりふわりした感じ。目も大きくくりくりして鼻筋通っていて「この人のご両親はさぞ顔立ち綺麗なんだろうな~」と思うほど美人でした。

f:id:cheboo:20190715120031j:image

 

もう1人のBさんは切れ長美人で話をしながら髪の毛をちょちょんと触る癖が色っぽく彼女が髪の毛を触るたびガン見していました。落ち着いた声がよく通り安心感を与えてくれる印象の方。

小柄だが「仕事をバリバリできる女性」という感じでオーラが出ていた!

f:id:cheboo:20190715125315j:image

 

緊張しながら挨拶した私ですが、、

内心は。。

 

2人とも美人だわ。。

何歳なんだろうか。。

Aさんは30前半?まさか20代!?若く見えるが、、20代で講談社の副編集長になれるのだろうか。。ってことはもっといってそうだけど顔が若いわ!動きも早いし何歳かしら。。

切れ長美人のBさんも長年この業界で仕事をしている人、、でも若くみえる。。会話の振り方も上手。緊張している私に会話の中で話しやすく振ってくれたわ。。

 

この2人!!

年齢不詳だわ!!

いつか必ず聞いてみよう!

そんなことばかり考えていました。。

f:id:cheboo:20190715120029j:image

 

最初は会議室で話していたが予定時間で終わらず社員食堂へ移動。

えっ。。これが社員食堂!?

すっっっごい広く清潔感あり雰囲気のよいレストランみたい。

 

私が質問に答えるたびに2人は大きくうなづいたり大笑いしたり、目をぱちくりさせながらものすごい早さでメモをとっていました。

気がつくと3時間も話をしていました。

そして「編集部で会議をしてまたご連絡いたします」とのことでこの日は終了しました。

出版が決まるまでにはこれから3段階の会議を通過しないとならないのだそうです。

 

 

帰りに友人チェブと待ち合わせして夕飯を食べ「どうだった?」と聞かれたが、道に迷ったことや2人が綺麗で年齢不詳だったことを確か話したような気がします。

大事な部分は頭からスコーンと抜けていて本当に覚えていない私にチェブが「疲れたでしょ~」「たんとお食べ~」みたいなことを言っていました笑( ̄∇ ̄)

f:id:cheboo:20190715144801j:image

 

次は「講談社の部長に会う」の巻です。

  

このブログが本になりました!
楽天やアマゾンで予約受付中です
<7月25日発売>

 

Source: 桃田ぶーこの「ゆる糖質制限」ダイエット

  1929年創業。 研究・開発から生産まで国内の研究所・工場にて行っています。 1500万件を超える肌データを元に、日本人女性の肌を研究し、 その研究を商品開発に活かしています。 ポーラの研究技術は国内外の学会において、数々の栄誉に輝いています。 天 2017年1月1日に登場した、リンクルショット。 日本初承認のシワを改善する薬用化粧品が遂に公式オンラインストアに登場です。 世界で一つのシワ改善メカニズムが肌本来の力でシワ改善を促します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です