筋トレするなら朝と夜どっちがいいの?筋トレする時間によって筋トレ効果は違うのか?

筋トレはいつ行なっているのかな?

多くの人は休みの日の空いた時間に!という人が多いだろう。

はたまた、仕事が終わってから夜にやっている!という人もいるだろう。

筋トレはする時間によって筋トレ効果が違うという話を聞いたことはないだろうか?

筋トレする時間がバラバラな人や、朝や夜など時間が決まっている人などホントにその時間でいいのだろうか?

では、今回は筋トレするなら朝と夜どっちがいいのか?筋トレする時間によって、筋トレの効果は違うのか?について紹介していく。

筋トレする時間によって筋トレ効果は違うのか?

はっきりというと、筋トレする時間によって、筋トレの効果は変わってくる。

体は面白いもので、自律神経というもので成り立っている。

この自律神経が乱れると風邪を引いたり、眠りが浅くなったりもする。

実は自律神経は筋肉にも関係してくる。

自律神経が活発な時に筋トレをしたほうが、トレーニング効果が高くなる。

また、筋肉を作るためには栄養素、エネルギーが必要になってくるので、エネルギーを蓄えた時が一番筋トレ効果もある。

自律神経は時間帯によって活発的な時と静かな時がある。

そのタイミングを見計らって筋トレをすることで、筋トレの効果は物凄く高くなる。

ということは、筋トレする時間によって筋トレ効果が変わるということだ。

まずはこの自律神経のことについて覚えておくといいだろう。

筋トレするなら朝?夜?

では、次は筋トレするなら朝か?夜か?についてだ。

上記で紹介したように筋トレは自律神経が関係してくる。

自律神経は副交感神経と交感神経があり、副交感神経の時のほうが動きが鈍くなり、交感神経の時のほうが動きが活発になるのだ。

交感神経の時の動きが活発になるほうが筋トレ効果が抜群だ。

交感神経は朝から昼にかけてピークになり、副交感神経は夕方から夜になる。

ということは、筋トレは夜よりも朝にしたほうがいいということだ。

夜に筋トレしていてもあまり効果が感じられないと思っていたやつ!

それはそうだ。

夜の時は副交感神経のため、筋トレしても体は動いていない。

筋肉を作ってくれるホルモンなども働いていないためだ。

これらを考えると、朝少し早く起きて自宅で筋トレをしたほうがいいということになる。

朝早く起きるのが嫌という人はもう筋トレもやめたほうがいいだろう。

筋トレは朝がオススメ!夜は静かに!

今回は筋トレするなら朝と夜どっちがいいのか?筋トレする時間によって、筋トレの効果は違うのか?について紹介してきた。

筋肉を作るためには自律神経が関係してくる。

自律神経は朝と夜で働きが違う。

体を動かしてくれる交感神経、体を休ませる副交感神経がある。

体を動かしてくれる交感神経が働いているうちに筋トレはしておいたほうがいい。

交感神経は朝に働き始めるので夜筋トレするよりも朝に筋トレしたほうがいいということだ。

さらに言えば、交感神経は昼にピークを迎える。

なので、筋トレは朝か夜かで言われたら夜だが、実際は昼に近いほうがオススメだ。

仕事が休みの日であれば、昼に筋トレを行ない、仕事がある日は朝早く起きて朝に筋トレするのが一番いいだろう。

必ずしもこの時間でやろう!と思えば負担になってしまうので、時間にとらわれず、だいたいこの時間かな?というくらいにしておくこと。

また、夜しか筋トレができない場合は夜でもいいので筋トレすることが大切だ。

ぜひ参考にしてほしい。

Source: 肉体改造の王子様

  1929年創業。 研究・開発から生産まで国内の研究所・工場にて行っています。 1500万件を超える肌データを元に、日本人女性の肌を研究し、 その研究を商品開発に活かしています。 ポーラの研究技術は国内外の学会において、数々の栄誉に輝いています。 天 2017年1月1日に登場した、リンクルショット。 日本初承認のシワを改善する薬用化粧品が遂に公式オンラインストアに登場です。 世界で一つのシワ改善メカニズムが肌本来の力でシワ改善を促します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です