涼しげ&上品かわいい♡ネイビートップスのおすすめ夏コーデ9選

ネイビートップスが活躍!おすすめ夏コーデ集

夏にぴったり♡涼しげなネイビートップスのコーデ集。ネイビーシャツやデニムジャケットをはおったり、ノースリーブニットをレディに着たり、上品で今っぽい着こなしは要チェックです。

【目次】
ネイビートップスを合わせる夏コーデ
ネイビートップス×デニム 夏コーデ

ネイビートップスを合わせる夏コーデ


【1】ネイビーシャツ×黒水着×ボーダーショートパンツ

ゆるはおり × 服見え水着『トレンド感のあるカラーリングやプリント、幅広ストラップ、チューブトップデザイン…。見せてもいやらしくない、服っぽ要素のある水着は、ラフなはおりをプラスする水着主役の大胆レイヤードにチャレンジ!』

ワンショル水着にパンツを合わせて、モノトーンのアラビーコーデに。はおり代わりにネイビーのシャツをプラスすれば、おしゃれっぽさも急上昇! スタイリッシュな夏スタイルで、フェスやビーチを満喫しましょ♡

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】ネイビータンクトップ×水色マキシスカート

グラデーション配色なら大人っぽく着こなせる

ブルーの濃淡で上下をつなげたグラデスタイルは、上品で今年っぽいAラインシルエットに注目して。分量感のあるサーキュラースカートなら、動くたびにドラマティックな印象がアピールできます。ブルー系×白×シャイニーシルバーは、夏にぴったりの涼しげ配色。肌見せ、ふんわり広がるフレア、揺れるピアスという女っぷり高めの組み合わせだからこそ、プラスチックのカゴBAGやトングサンダルのキッチュな抜け感が効果的です♡

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【3】ネイビーカットソー×グリーンロングスカート

週末アラビーするなら、【きゃみたん×ロンスカ】だけでよし♡『日帰りでサクッとビーチに行くなら、フォトジェニックな鉄板コーデがコレ! キャミソール&タンクトップ、略して【きゃみたん】と名付けます♡』

シンプルなきゃみたんで自然に肌見せするだけで、嫌みのないヘルシーな女らしさが手に入る! マキシ丈やティアードデザイン、柄スカートやレース素材など今夏は着映えするプレイフルなスカートが大豊作。キャップ、サコッシュ、フラットサンダルというスポーティ小物を合わせても、ちゃんとかわいく仕上がっちゃうのがロングスカートの魅力です。アクティブに遊べてしかも女っぽさもあるなんて、週末アラビーを満喫できる最高のコーデ♡

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【4】ネイビーシャツ×白キャミソール×黒ワイドサロペット

GUの夏イチ♡アイテムで作る、着回しアラビーコーデ!

さらりとした肌触りで、夏にも活躍してくれるボタン付きサロペット。ウエストゴムのドロストデザインが、メリハリのある女の子シルエットを作ってくれます。白タンクのほかにも、中に着るインナーやはおり次第で印象チェンジも簡単♪ 白インナーで夏らしい爽やかさをプラスしつつ、ドット柄シャツをさらりとはおれば、フレンチガーリーなモノトーンコーデが完成します。

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【5】ネイビーGジャン×ドットワンピース

レディムードのドット柄ワンピは、Gジャンやカゴバッグで初夏らしい抜け感をプラス! ケイトのカゴバッグは、レザーコンビ×ワンハンドルのリッチ感が、大人っぽいワンピのテンションにしっくりです♡

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】ネイビーGジャン×ベージュニット×ベージュスカート

沙友理は大人ベージュでモテ♡カジュアル

きちんと見えておしゃれっぽい、ニットのセットアップでおしゃれを満喫。直線的なタイトシルエットなら「カジュアルなのに大人っぽい」が叶います。 一見シンプルなベージュも、表情のあるミックスニットを使っているので地味さとは無縁。Gジャンをばさっとはおって、ゆる×ぴたシルエットにするのが好バランスです。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/手塚明菜

【7】ネイビードットブラウス×イエローフレアスカート

トレンドのドットブラウス×イエローのご機嫌コーデ

首が詰まったドット柄ブラウスは、レトロでキュートな印象がまとえる今っぽアイテム。ボトムに、パキっとしたイエローのスカートを合わせれば、シネマティックな女優コーデが完成します。バッグとサンダルは鮮やかなブルーを差して、トレンドのカラーミックスに挑戦して♡

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

ネイビートップス×デニム 夏コーデ


【1】ネイビーカットソー×赤水着×デニムショートパンツ

かぶりで着る服 × いかにも水着『華やかな柄や三角ビキニのような〝いかにも水着〟でレイヤードをするなら…上からかぶって着る服を合わせて、さりげなく水着を忍ばせているくらいが◎。とはいえ海外らしいキャッチー感は欲しいから、バックシャンなどしゃれ感のある服を相棒に♡』

水着をINして着くずすサーマルコーデで、ロコガールっぽい印象に♡ ボトムはダメージありのデニムショーパンをチョイスして、カジュアル感をさらにひと盛り。ワンマイルよりもカジュアルな、こなれ感がオススメです。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】ネイビーTシャツ×デニムパンツ

ちょっぴり背伸びなロゴTを、ペイントデニムでやんちゃコーデに♡

ちょっぴり背伸びなロゴTを、ペイントデニムでやんちゃコーデに♡ 夏に欠かせないTシャツも、人気ブランド『MSGM』のロゴものを選べば手抜き感ゼロ♡ ボトムにやんちゃ感のあるペイントデニムを合わせて、おしゃれプロっぽいこなれコーデを楽しんで。小物は、チェーンBAGやパープルのパンプスで、ちょっぴりパンチを効かせるのがポイントです。

★【今日のコーデ】おしゃれプロ御用達♡ロゴTシャツで乗りきる猛暑日コーデ

関連記事

Source: CanCam.jp(キャンキャン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です