既婚者の過半数が「マリッジブルー」の経験者。理由と解決法を本音で聞いてみた

既婚者の過半数が「マリッジブルー」の経験者。理由と解決法を本音で聞いてみた


婚約後幸せの絶頂にいるはずなのに……。ふいに飛び込んでくる不安「マリッジブルー」。

マリッジブルー

お相手にはもちろん、周囲にも相談しにくい悩みだからこそ、もしマリッジブルーになってしまった人はどう向き合っているのか気になりませんか? なぜなってしまうのか、どうやって脱出したのか……。気になる人も多いのではないでしょうか。

今回は全国の20代~30代の未婚・既婚男女824人を対象に「マリッジブルーの経験」についてアニヴェルセル株式会社が調査しました。さまざまな経験から見えてきた「マリッジブルー」の脱出法をみていきましょう。

 

◆「マリッジブルー」になる原因……それは「金銭面」? 


まずはじめに、婚約後マリッジブルーになったかどうか……ということを調査すると、「なっていない」と回答した人は46.1%。つまり、過半数の人がマリッジブルーになったことがわかります。「もしかしてこんなこと思ってるのは私だけ?」と不安になることはありません。むしろなってしまうほうが多く、仲間はたくさんいる……ということで、まずそこは安心しましょう。

それでは「マリッジブルーになってしまった方」にその理由を聞いてみた結果がコチラ。

Q. 婚約した後マリッジブルーになった方にお聞きします。その理由はなんでしたか? 

マリッジブルーグラフ

1位 金銭面への不安 11.3%
2位 本当にこのパートナーで良いか悩んだ 9.2%
3位 パートナーの家族との関係 9.0%
4位 新生活への不安 7.9%
5位 パートナーへの不信感 5.7%

 

 

第1位が「金銭面への不安」と、目に見える経済的な面が不安の原因になっているようです。「マリッジブルー」といえば精神的な悩みな印象がありますが、意外にも1位になったのは経済的な悩み。でも、恋愛期間という夢から覚めて、「生活」という現実的なことを考えると不安になってしまうのも当然のことですよね。

第2位は、1位とは逆に精神的なお悩みがランクイン。結婚について真剣に考えるあまり、新しく人生をともに歩んでいく「生涯の伴侶」について深く考え詰めてしまうことで陥ってしまうスパイラルなのかもしれません。同様に第3位の「パートナーの家族との関係」も、新しく家族が増えるという未知の感覚から来る不安は仕方のないこと。相手のご両親や兄弟との関係はとても大切になること。だからこそ真剣に考えて悩んでしまう……。ああ、難しい。

第4位の「新生活への不安」は、結婚に限らず新しい世界に踏み出すときに感じてしまうような漠然とした不安ですよね。マリッジブルーの本質は、もしかするとこのような漠然とした不安からくるのかもしれません。

第5位は「パートナーへの不信感」がランクイン。結婚間近のナーバスなときにちょっとしたことが引き金になることでこんな気持ちがうまれてしまうのかも……。結婚生活に向けて、改めてふたりで本音で話す機会を設けることが大切になるはず。

 

以下、5%以下の少数ですが「仕事と結婚生活の両立」「結婚式の準備について」「パートナーへの愛情がなくなった」「自分の家族との関係」「他に気になる人がいた」と、さまざまな不安が挙がりました。

では、そんなマリッジブルー、経験者の皆さんはどう解決していったのでしょうか? 早速見ていきましょう。

 

◆「マリッジブルー」からの脱出法は? 


Q. マリッジブルーになった後、どうしましたか? 

マリッジブルー

1位 時間が解決してくれた 44.8%
2位 ふたりで話し合って解決した 34.9%
3位 自分で解決方法を見出した 18.9%
4位 友人へ相談して解決した 15.1%
5位 家族と話し合って解決した 13.7%
6位 その他 6.6%
7位 解決できずお別れした 5.7%

 

「時間が解決してくれた」が第1位に! やはり時間は一番の薬ですね。当初は悩みだと感じていたことも、いざ新婚生活がはじまるといつの間にか解消していたということなのかもしれません。

第2位は「ふたりで話し合って解決した」がランクインしました。お互いに思っていることを正直に話すことが大切なことのようです。悩みを相手に打ち明けられる勇気で幸せになれることももちろんあるのです。

第3位には「自分で解決方法を見出した」が選ばれました。周りに相談しにくいこともたくさんあると思います。ですが自分自身で納得できる解決方法を見つけられたことで、悩みときっぱりと決別できる! かっこいい乗り越え方ですね。

第4位・第5位は友人や周りに相談することで解決できたという結果に。先に結婚している友人や兄弟・両親など結婚生活の「先輩」に相談することで解決策が見えてくることも。自分にとって頼りになる存在がいることで心が少し楽になるのかもしれませんね。

 

結婚生活は予行演習なんてない分、不安がいっぱい。想像の世界であった生活が現実のものになると、やはり不安を感じてしまいますよね。期待や幸せがある分、不安もあるものです。話し合うことや、自分で答えを見つけること、相談することなど、さまざまな乗り越え方があります。マリッジブルーになっても解決をして、ステキな家庭を築いていってください♡ (なかがわみずき)

情報提供元/アニヴェルセル株式会社

 

★「優しい人」って、結局何する人?優しい人の特徴15パターン

>CanCam.jp TOPにもどる

関連記事

Source: CanCam.jp(キャンキャン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です