問題に向き合うタイミング。

カウンセリングをしてると、いろんなひとのいろんな状況に立ち会う。一人ひとりなんらかの問題を抱えていてそれは表面に見えていることも深く隠れていることも違和感を感じてるだけのこともある。自覚していることが全てではない。自分のなかにある「何か」を気づかないふりをすることもできるしただただ時間を通り過ぎさせることもないことにしたままにもできるけどやっぱり気になってしまうことは、いつかきっと向き合わないといけない日が来る。でも別に無理して向き合わなくてもいいと思っていて自分で「えいっ!」とがっぷりよつに組むこともあればいやおうなく立ち向かわなければならない時もある。その時が、そのひとにとっての「その時」なんだよね。結婚や妊娠、治療って時間が経った時に「もっと早く。。。」みたいに言われることが少なくないけど気づいた時が自分にとってのタイミングであってその時だからこそ、取り組めたことだったりする。今まで積み重ねてきたことが間違っているわけでも失敗だったわけでもなくてただただ、「その時」が来るタイミングが違ってたというだけのこと。それは意識的であっても無意識であっても変わらない。自分の過去をなげいたり後悔したりする必要は全くなくてその通り過ぎた時間や経験があったからこそ今の自分自身がある。いまの自分とい続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 堀江昭佳オフィシャルブログ「『こころ』と『からだ』の悩みを解決する しあわせ女子のための処方箋」Powered by Ameba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です