基礎体温が変わる!“睡眠最優先”。

Hさんは30代後半の看護師さん。 夜勤があるとどうしても基礎体温が乱れがちになってしまうので、困られてた。 不妊治療をしてホルモン剤を使っても、なかなか安定しない。排卵の時期もうまくつかめない。 困られてたんだよねー。そこで漢方を生理周期にあわせて飲み分けてもらうのと同時に、睡眠時間を確保することを徹底してもらったら、大激変! だいたい23時〜0時までに寝て6時半に起きていました。 でも堀江さんに言われてから22時半までに寝るように変えました。起きたら朝日を浴びるということも徹底しています。 夜勤もあるので毎日とはいきませんが、ないときは睡眠を最優先して確保するようにしました。すると月の半分は気持ちよく起きれた感覚が強くあるんです。 そうしたら、生理前に頭痛がひどかったのもなくなって、頭痛薬も飲まずに済みました。 イライラして前だったら絶対に言い返してただろうなということも、さらっと流せたりして、とても体調が変わっています。 睡眠時間って後回しにしがちだけど、そうじゃなくて最優先にする。 そして、朝日を浴びることを徹底する。 めちゃくちゃ変わる! 現にHさん、体調よくなって、PMS減って、基礎体温もすごくよくなったもんね! わかりやすいように高温期に赤い線を引いたけど、長さが全然違うでしょう?まだ生理来てないから、ものすごくいい状態。 低温期だけ卵胞を育てるホルモン剤の注射もされてるけど、今までも使ってたけど、基礎体温が安定せず、高温期も伸びなかったんだよ。 低温期も安定して、高温期も伸びて、非常にいいかんじでしょう?^^ 病院の治療がうまくいかないのを病院のせいだけにするのは違う と思ってて。 治療って受け止める側の問題も大きいんだよね。患者さんの状態がよければ治療はよく効くし状態が悪ければ効きが悪い。 いい病院がどこかって探すのも大事だけど、それ以上に、自分の体は大丈夫かな?ってとても大事で。 まず、治療が効く状態に自分の体を整えなきゃ、もったいないよね。 そのために、漢方や薬膳茶続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 堀江昭佳オフィシャルブログ「『こころ』と『からだ』の悩みを解決する しあわせ女子のための処方箋」Powered by Ameba

  1929年創業。 研究・開発から生産まで国内の研究所・工場にて行っています。 1500万件を超える肌データを元に、日本人女性の肌を研究し、 その研究を商品開発に活かしています。 ポーラの研究技術は国内外の学会において、数々の栄誉に輝いています。 天 2017年1月1日に登場した、リンクルショット。 日本初承認のシワを改善する薬用化粧品が遂に公式オンラインストアに登場です。 世界で一つのシワ改善メカニズムが肌本来の力でシワ改善を促します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です