自分の生まれ持った本質をみつめて、体から心を整える。→運気も良くなる。

体を整えると心も変わって運気も、人生も変わっていく。 そんなことを実感するお話がティーセラピストの岩成桜さんから届いたので、ご紹介。 I さんは59歳。今年で60歳を迎えられます。 といっても、とても可愛らしい方で年齢よりもずっとお若く見えます。 60歳という区切りを前に仕事をいつまで続けるかや、これからの人生をどうしていくかを模索されているようでした。 I さんの生年月日からの命式(東洋医学の暦から生まれたときに持って生まれた傾向をみるもの)は 甲壬己子申亥 本質は木の陽である「甲(きのえ)」で、木の要素と水の要素が強いことがわかります。 気滞という、気のめぐりが悪くストレスがかかっている状態が強く、同時に気虚という、エネルギー不足血虚という、血の不足が主な体質の状態です。 一番気になる症状は「冷え」。 体を温めてリラックスしたい。いつも冷たい水の入ったバケツに足を入れているような感覚。肝脂肪があり、慢性的な肩こり。聴覚が敏感で仕事中も周囲の音や声が気になる。 ストレスから甘いものを過剰に食べてしまう。 昔から眠りにくく寝つきが悪い。 若い頃から婦人科疾患で悩まされ続け、50 代で生理が終わる頃やっと解放された。 仕事から帰ってくると、ぐったりして動けない。 仕事以外では人と会いたくない。 という状態です。おつらそうなのが伝わります。 最初は、温めてストレスを和らげるような薬膳茶を提案しました。ただ、1ヶ月過ぎた時に、お茶を飲むと顔がぽっぽする、と言われたのでベースを番茶に変更。もともと和漢植物の香りが好きということだったので、番茶のブレンドは落ち着くと気に入ってくださいました。 毎月ご来店いただく中で、お仕事のこと家族で心配なこと、様々なストレスや辛さを感じていることを話してくださいました。 これまでの I さんは、自分のことを他人に話したことがなく、基礎講座1で「自分のことを話すワーク」を体験したことで、自分の気持ちをひらいていくきっかけになったそうです。 また、今まではご主人がどこにでも一緒についてきて、体が弱い I さんのことを心配して 必ず送り迎えをされていたそうです。(なんて愛されてるんでしょ!) ご飯も、今まで一人で外食したことがないと(姫すぎます…)。 それが毎月お会いするうちに… I さんのお顔が明るく笑顔が増えてきて、たくましくなってきて。 だんなさんに待たれていると思うと、気になってゆっくりできないから(笑)と、今日は送らなくていいって言ってお一人でご来店されるようになりました。 休日に興味があるイベントに参加してみたり、趣味の習い事を始めたり、だんなさんと別々に過ごす自分のための時間を作られるようになりました。 ごはんやお茶を一人で楽しんだり…。 ちょうど子供さんたちも独立する頃で、旦那さんとの心地よい距離感も生まれ、I さんにとって少しずつ変化が起こっていきました。 一週間夕食断食の会にも参加していただき、実際に挑戦してもらいました。するとびっくり! もう何年も薬を飲まないと眠れなかったのが、断食 3 日目くらいに 「22 時に自然な眠気が 来ました!本当に何年ぶりのことでしょう…」 と、報告してくださったのです。私もびっくりして、改めて胃腸を休めることの大切さを教えてもらいました。 ずっと辛くてやめようか迷っていた仕事も、60歳の節目まで継続することを決めたら、 新しい上司にも恵まれ仕事もしやすくなったそうです。 自分の体がいい方向に変わると運気も変化します。すると、自然な形で周囲にも良い変化が起こるんですよね。 薬膳茶も、体質の変化にあわせてアンチエイジングに重点を置くブレンドを変更しました。 主治医から、安定剤を少量出されているが、 以前は深夜2~3時まで眠れなかったのが最近は眠れるようになった、と。 いつの間にか、ストレスや人間関係、身体のしんどさのお話はあまり聞かなくなり、通っておられる習い事のお話や今こんなことを楽しんでいるんですっていうことを話してくだ さることが増えていきました。 そして、風水薬膳茶に合せて、毎月のお体のケアが必要だったのがそれを忘れるくらいになり、今まで家から出なかったのに、週末はどこかにお出かけされるように変わっていかれました。 あわせて送ってもらった、体質チェック表をみると、変化がよくわかる。 初回の体質チェックの結果はこちら。気滞 21 気虚 18瘀血6 血続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 堀江昭佳オフィシャルブログ「『こころ』と『からだ』の悩みを解決する しあわせ女子のための処方箋」Powered by Ameba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です