3時のあなたとお茶とかしわ餅。

小学校から帰ってくると3時に薬局の従業員さんのお茶の時間と重なって。 「3時のあなた」を見ながら、一緒にお茶をしてた。居間で机を囲んでお茶をする。 森光子さんって、ぼくの中ではいつまでたっても「3時のあなた」の司会者のイメージがあって。子供時代の刷り込みのちからは強烈である。 3時のお茶請けの定番は、ブルボンである。個人的にはルマンドとルーベラがあると、かなりテンションがあがる。 こども時代はヨックモックのシガールなどという高級なものは知らなかった。ルーベラ大好きだったなー。真ん中に穴があいてるのでフーフー空気を通して遊びながら食べるのが王道である。 そして、ブルボンの上を行きお茶の時間に出てくると大喜びするのが和菓子だった。季節ごとの桜餅、柏餅、お饅頭などすっごい好き、特に、地元の高田屋さんの生菓子が大好きで。たまーにしか出てこないけど、お茶の時間に出てくると上機嫌。 あれは、お客さんが来られたとき用に買ってきたついでだったんだろうなぁ。 ただ、おそらくこの3時のお茶の時に、お菓子をバクバク食べる習慣が、小学校時代の肥満児堀江くんを悪化させていたことは言うまでもない。間食は太る・・・ まぁ、それはさておき、お茶の時間の原体験があるのか、大人になっても、和菓子も煎茶も大好きである。 大人になってから知った美味しいものは数あれど、仕事がら出張も多いので、各地の和菓子が食べれることは、至福である。 京都のふたばさんの豆餅にはしびれた。あの塩味のきいた赤エンドウ豆とあんこのマリアージュがたまらない。ちなみに画像手前は豆大福、奥が豆餅。 ちょうど今頃、初夏の頃になると美味しいのが、柏餅。 先日、ちょうど桃林堂さんのをいただいた。 お抹茶とあわせていただく。美味、美味。 でも、この柏餅、出雲出身のぼくにはとても不思議で。葉っぱが出雲と違う。子どもの頃から見てきた出雲の柏餅の葉っぱは、丸いのだ。ぼくにとっては、丸い葉っぱの柏餅が王道であり、あのカエデの親戚のような形をした葉っぱは邪道だと思ってた。(やっぱり子供時代の刷り込みの力は大きい) 出雲だとこの葉っぱを使う。 ちょうど手元に画像がなくて、出雲のなぎら長春堂さんに画像を送ってもらった。柏餅でなくて麩まんじゅうだけど、この麩まんじゅうがめちゃくちゃ美味しくて、今からの時期に冷やして食べると超絶美味しい!葉っぱを一緒に蒸すからなのか、ほのかに緑の香りが移ってるんだよね〜 あ、また話がそれた。 この麩まんじゅうの画像に使われてる葉っぱが、出雲では「柏餅の葉っぱ」なのである。断じて、あのギザギザした葉続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 堀江昭佳オフィシャルブログ「『こころ』と『からだ』の悩みを解決する しあわせ女子のための処方箋」Powered by Ameba

  1929年創業。 研究・開発から生産まで国内の研究所・工場にて行っています。 1500万件を超える肌データを元に、日本人女性の肌を研究し、 その研究を商品開発に活かしています。 ポーラの研究技術は国内外の学会において、数々の栄誉に輝いています。 天 2017年1月1日に登場した、リンクルショット。 日本初承認のシワを改善する薬用化粧品が遂に公式オンラインストアに登場です。 世界で一つのシワ改善メカニズムが肌本来の力でシワ改善を促します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です