『もう二度と食べることのない果実の味を』第6話

『もう二度と食べることのない果実の味を』第6話


もう二度と食べることのない果実の味を

 あくる日は、終業式だった。

 体育館で校長先生の話を聞きながら、わたしは頭のなかで、昨晩自室にこもって考えた台詞をくりかえしていた。

 ──昨日は掃除の途中で帰ってしまって、ごめんなさい。
 ──どうしてあんなことをしたのか、自分でもよくわからなくて。
 ──もう二度と関わらないから。本当に、ごめん。

 結局、昨日は担任の先生に体調が悪いと訴えて、掃除の途中で帰宅した。勉強もほとんど手につかず、昼間のできごとについてぐるぐると考えつづけた。

 今朝はいつもどおり早めに登校したけれど、土屋くんは珍しく、すこし遅刻してやってきた。

 教室に入ってきてから、彼は一度もわたしを見ようとしなかった。当然だ。あんなことをされたのだから、きっと怒っているのだろう。あるいは、目も合わせたくないほど軽蔑しているだろうか。

 それでも、わたしは彼に謝りたかった。

 謝ることで、あのできごとを完結させてしまいたかった。ただの事故のようなものだったのだと。二度と起きることのない、いっときの過ちだったのだと。彼に、そして自分自身に向かってそう宣言したかった。

 一時間ほどの式が終わると、放課になった。土屋くんは荷物を整えて図書室のある棟の方へ歩いていった。「じゃあまた二学期」と由佳子に手をふってから、彼のあとをついてゆく。

 追いつく前に、土屋くんは図書室に入ってしまった。仕方なくあとにつづき、彼の死角となる席に腰をおろした。せっかくだし、わたしも勉強していこう。そう思ってノートをひらいたけれど、土屋くんが気になってなかなか集中できない。

 彼の方を盗み見ると、頬杖をついて窓の外を眺めていた。たまに机に視線を落としても、すぐにまた、視線をさまよわせる。

 まともに勉強できないまま、ぼんやり過ごしていると、やがて六時の鐘が鳴った。机を見ると、土屋くんはちょうど道具を片づけて、立ちあがろうとするところだった。

 廊下に出たわたしは、彼の背中に呼びかけた。

「土屋くん」

 彼は、ゆっくりとふりかえった。まるで声をかけられることを予想していたような、落ち着いた顔で。
 わたしは唾をのみ、それから、口をひらいた。

「話したいことがあって。いっしょにきてほしい」

 

 

 下足場で靴を履き替えて、外にでる。空は、夕暮れの赤色に染め抜かれていた。鮮血を一面にふり撒いたような世界。校舎も、木々も、グラウンドも、濡れたようにあかあかと、不気味にひかっている。

 話すための場所は、決めていた。校舎裏にある神社だ。昔、真帆と街を探検しているとき、ぐうぜん見つけたちいさな神社。学校やその周辺では、だれかに会話を聞かれる可能性がある。けれど、あそこなら人もめったに立ち寄らないだろう。

 校庭に沿ったほそい道を辿り、錆びたフェンスから敷地を出る。木造家屋がみっしりと立ち並ぶすきまに、ゆるやかに連なる石造りの階段をくだった。

 やがて、階段の脇に路地のような道があらわれた。家屋に挟まれたその道の先には、ちいさな鳥居があった。空間を四角く切り取る、朱色。

 ふいに、足がすくんだ。
 この先に、足を踏み入れてはいけない気がする。

 たとえ戻ってこられたとしても、そのときは、今のわたしとはまるでちがう、別のなにかになっているかもしれない。

 根拠のない、漠然とした不安がこみあげてくる。ためらっていると、土屋くんの足音がすぐ後ろで止まった。そうだ、と思いなおす。怖がっている場合じゃない。彼に謝って、いつもの日常にもどるために、わたしはここにきたのだ。

 思いきって鳥居をくぐると、目の前に参道が広がった。一直線にのびた、白い河のような道。そばには、手水舎があった。黒い石でできた水盤に、あざやかな紅白二匹の龍の彫像が据えつけられている。するどい牙のすきまから滲みしたたる、透きとおった水。

 通りすぎながら、総合の時間のことを思いだした。この街の地下にひそむ、巨龍の話。この神社は、龍をまつるためにつくられたのだろうか。

 つきあたりの境内でふりかえると、土屋くんはまっすぐそこに立っていた。紅く灼けた黄昏の空に、カッターシャツを着た彼のりんかくが、黒い影となって浮きだしている。

「足、だいじょうぶ?」

 土屋くんは、黙ったままうなずいた。

 しばらく、沈黙が落ちる。

 わたしは乾ききった唇を舐めた。かんたんなことだ。たった一言、『昨日はごめんなさい』。そこから始めればいい。きちんと謝って、それでおしまいだ。

 なのに、どうして、言葉がでてこないんだろう。

 どう、とつよい風が吹いた。拝殿のまわりに植えられた樹々が、黒くゆれる。夕暮れの光が、ちかちかときらめく。紅と、白。絡みあう二匹の龍。

「昨日」

 喘ぐように、わたしは口をひらいた。

「昨日、の」

 土屋くんは、じっと、こっちをみている。
 ふいに、汗のにおいがした。肌の感触。熱い疼き。くらくらするほどあまったるい、血のかおり──。

 

「もっかい、してもいい?」

 

 気づけば、そう口にしていた。

 あれ? と心の内で、首をひねる。なにを言っているんだろう、わたしは。

 謝りに、きたんじゃなかったっけ。昨日のことは、悪い夢のようなものだったと。あってはならない、一度きりの、あやまちだったと。そう、告げにきたんじゃなかったっけ。

「僕も、そう言おうとおもってた」

 とつぜん、声がした。顔をあげると、土屋くんがわたしをみていた。逆光で陰になった顔のなか、ふたつの目だけが、らんらんとかがやいている。

「昨日、帰ってからずっと、山下さんにされたこと考えてた。勉強に集中しないといけないのに、頭から離れなくて」

 土屋くんは、苦しげに息を吐いた。

「このまま、集中できなくなったら、困る。ほんとうに、困るんだ。だから」

 彼はそこで言葉を切り、くるりと踵を返した。本殿をまわり、人目につかない灌木の陰にしゃがみこむ。わたしも、ゆっくりと腰を下ろした。

 むせかえるような植物の匂いのなか、わたしたちはみつめあった。昨日の理科準備室と、おなじ恰好で。

 頬の傷は、かすかに淡くなっていた。血はもう流れていない。かわりに、こめかみを一滴、汗が伝ってゆく。

「……だから、あと一回だけ」
「うん」
「終わったら、ぜんぶ忘れよう」
「うん」

低い声が、まるで水のように鼓膜にしみこんでくる。土屋くんは、いつも正しい。彼の言うとおりにすればいい。そんな気持ちが、わきあがってくる。わたしは思考をとめて、目をつむった。

 ぐに、とやわらかいものが唇にあたる。

 二度目の、くちづけ。

 かわいた表面をこすりあわせていると、割れ目をみつけた。思いきって舌でぺろりと舐めてみると、ひらいた。皮下へとつづく、入り口。すかさず、するりと滑りこむ。

 暗くてせまい、洞窟のような口のなかを必死にまさぐっていると、先端になにかがふれた。地の底にうずくまる、もうひとつの熱いかたまり。たぐりよせるように舌をうごかすと、相手も負けじと吸いついてくる。

 彼も熱をかかえているのだ、と頭の隅でぼんやり思った。行き場のない、かたちにならない疼きを。

 ふたりでつくった昏い穴のなか、ふたつの熱がまざりあう。ぴたぴたと、水音がひびく。

 もっと深く。もっとふかく。下へ。下へ。熱源へ。

 唐突に、唇が離された。つよい力で肩を掴つかまれ、砂利のうえに押し倒される。わたしは、土屋くんの顔を真下から見あげた。ゆるく癖のついた、太い黒髪。眼鏡のむこうの、奥二重の目。頬と鼻には、見覚えのあるちいさな紅い傷痕がたくさん散らばっていた。にきびの、痕。

 ああ、と思わず息を吐く。

 わたしと、おなじだ。

 皮下に埋まったものを、表へ引きずりだすときの快感を、彼も知っている。

 してはいけないことだとわかっていてなお、自分を抑えることのできない人。

「やました、さん」

 けもののような荒い呼気が、鼻先をよぎる。瞳はとろりと濁り、粘っこいひかりを放っている。

 熱い吐息が、耳にかかった。濃密な汗のにおいに、眩め まい暈がする。土屋くんの顔が、ゆっくりと近づいてくる。うけいれようと、口をひらいた瞬間。

 ぴりりりりり、と音がひびいた。

 甲高い、サイレンのような電子音。

 わたしは、撃たれたように体を起こした。

 ぴりりり、ぴりりり、と音は単調に鳴りつづけている。土屋くんは肩で息をしながら、制服のポケットに手をのばした。おもちゃみたいにぶ厚い、折りたたみ式の携帯電話をひっぱりだす。ぴりりり、ぴ、と音が止んだ。

「……びっくりした」
「ごめん」

 顔をそむけたまま、土屋くんがぼそりと言った。

「そろそろ、帰らないと」

 制服についた砂を払って、たちあがる。

 わたしはとっさに、口をひらいた。

「土屋くん」

 彼は、ゆっくりとこちらにふりかえった。瞳はかすかに潤み、頬はまだ紅く熱をおびている。

 あと一回だけ。そういう、約束だった。

 これで、終わりにしなければ、きっとどこまでも、落ちていってしまう。

 けれど、土屋くんはわたしをみていた。息をつめ、祈るような目つきで、みていた。

 わたしも、彼をみつめかえす。彼がいま何を考えているのか、手にとるようにわかった。

 なぜなら、わたしもきっと、おなじことを思っていたから。

「明日も、会える?」

 土屋くんは、かすれた声で応えた。

「五時に、ここで」

 

 

『たべかじ』連載一覧

本について詳しく見る

雛倉さりえ

1995年滋賀生まれ。近畿大学文芸学部卒。
早稲田大学文学研究科在学中。
第11回「女による女のためのR-18文学賞」に16歳の時に応募した『ジェリー・フィッシュ』でデビュー。のちに映画化。
最新作に『ジゼルの叫び』がある。

 

写真:岩倉しおり

本作はきららに連載されていた『砕けて沈む』の改題です。
本作品はフィクションであり、実在する人物・団体等とは一切関係ありません。
この文章の無断転載、上演、放送等の二次利用、翻案等は、著作権上の例外を除き禁じられています。

(c)Sarie Hinakura・小学館

>CanCam.jp TOPにもどる

関連記事

Source: CanCam.jp(キャンキャン)

  1929年創業。 研究・開発から生産まで国内の研究所・工場にて行っています。 1500万件を超える肌データを元に、日本人女性の肌を研究し、 その研究を商品開発に活かしています。 ポーラの研究技術は国内外の学会において、数々の栄誉に輝いています。 天 2017年1月1日に登場した、リンクルショット。 日本初承認のシワを改善する薬用化粧品が遂に公式オンラインストアに登場です。 世界で一つのシワ改善メカニズムが肌本来の力でシワ改善を促します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です