コーデュロイでトレンド感も♡秋のスカートコーデ7選|ミニ・ロングタイトの着こなし

最旬コーデュロイスカートの秋コーデ集

秋らしさが漂う、コーデュロイ素材のスカートコーデをピックアップ♪ 起毛感のあるコーデュロイなら、女っぽいトップスやレディな着こなしを程よくカジュアルダウンしてくれます。

コーデュロイスカートを合わせる秋コーデ


【1】イエローのコーデュロイスカート×ネイビーニット

タイトスカート×スニーカーでカジュアルも上品見え♡

 

コーデュロイ素材のスカートに、程よく力の抜けたゆるニットを合わせてきれいめカジュアルを楽しんで♪ 素材もカラーも秋らしいスカートが主役なら、シンプルなワンツーコーデも季節感がアップします♡ ボリューム袖のニットやスニーカーを合わせて、女っぽリラクシーがテーマです。

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/汐留シオサイト5区イタリア街、田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【2】ブラウンのコーデュロイスカート×白キャミソール×ブラウス

レース×コーデュロイの異素材MIXがコーデに深みをプラス

華奢なレースブラウスとコーデュロイのタイトスカートで、ほんのりクラシカルで女らしいシルエットに。透けて見えるインナーは、あえてスカートと同じブラウンを合わせて上級者な統一感を! クラス感のあるレースをコーデュロイでカジュアルダウンさせるだけで、見た目のシャレ感もアップします。

CanCam2018年10月号より 撮影/三瓶康友  スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】ブラウンのコーデュロイスカート×白ブラウス

スタンドカラーのブラウスがクラシカルムードを後押し!

ふわっとしたシフォン素材のブラウスには、秋らしいコーデュロイスカートを合わせて着こなしに奥行きをプラス。色合わせは定番でも、素材感が変わるだけでグッと秋らしいおしゃれ見えが叶います♡

CanCam2018年10月号より 撮影/三瓶康友  スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【4】イエローのコーデュロイスカート×黒Tシャツ×Gジャン

感度抜群!マスタードカラーのスカートで秋っぽくおめかし♡

起毛感のある「見た目あったか♡」なコーデュロイスカートで、季節感を先取り。Gジャンをさらっと羽織って、大人っぽいこなれコーデを楽しんで! 小粋なビーズ刺しゅうが施された巾着バッグも、コーデを秋めかせるアクセントになっています。

CanCam2018年10月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/楓(本誌専属) 構成/新城真紀

【5】ブラウンのコーデュロイスカート×白ブラウス

AKANE 'S PRIVATE FASHION 茜の秋は、「どこかヴィンテージ風。」「基本的には通年カジュアル」という茜。この秋は特に、レトロな雰囲気なものに目がいくようです! レースや花柄など、甘めのアイテムもヴィンテージっぽいものだと抵抗なく着られるんだとか。この秋のトレンドで、茜も「もともと好き♥」というチェック柄や刺しゅう、ビビッドカラーを、どう茜流に着こなすのか、教えてもらいました♪『Rule:03 “おめかしは大人なヴィンテージ花柄で♡”辛めなテイストが多い茜が「最近増えた!」と話す、花柄アイテム。配色やデザインが大人っぽい、甘さ控えめなヴィンテージ花柄がイチオシだそう♥』

首の詰まったデザインや、花柄レースが上品にあしらわれたブラウスは女の子の大好物♡ ×コーデュロイのミニスカで程よくカジュアルダウンさせるのが、ヴィンテージMIXの近道です。

CanCam2017年11月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリング協力/奥富思誉里 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉、田中かほ里 構成/権藤彩子

【6】ピンクのコーデュロイスカート×白ニット

レディな秋に頼りになるのは大人顔の膝丈スカート♥

起毛感のあるコーデュロイの手触りに、さりげない秋を感じて♡ キリリとした印象のⅠラインシルエットも、温かみのあるコーラルピンクならこんなにキュート♪ スカートの色を主役にしたいから、トップスは真っ白のシンプルニットをチョイスして。仕上げに黒バッグでキレのよさを添えて、美人なお姉さんスタイルを気取りましょ。

CanCam2017年10月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/菊池かずみ(P-cott) モデル/まい(本誌専属) 構成/新城真紀

【7】黒コーデュロイスカート×ボーダーカットソー

秋のマリンコーデに赤をプラス! 気分はまるでフレンチガール♡

ボーダートップスをシックなトーンでまとめた、大人顔の秋マリンコーデが今日の気分。ネイビーのスカートは、付属のビスチェを取り外せばシンプルなコーデュロイスカートとして着回せる2wayワンピ。トレンド×お得感もばっちりです。トップスは、おしゃれプロの所持率が高い「ルミノア」のボーダーカットソーをセレクト! 鎖骨がきれいに見えるスクエアカットが新鮮です。アクセは存在感のあるシルバーアクセや大ぶりのパールピアスで、しっかり盛って。

★【今日のコーデ】テーマは秋マリン♡ボーダー×秋素材でつくる雨の日スタイル

 

★ロングスカート×スニーカーのおすすめレディースコーデ13選【2019夏秋】

>>CanCam.jp TOPへ戻る

関連記事

Source: CanCam.jp(キャンキャン)

  1929年創業。 研究・開発から生産まで国内の研究所・工場にて行っています。 1500万件を超える肌データを元に、日本人女性の肌を研究し、 その研究を商品開発に活かしています。 ポーラの研究技術は国内外の学会において、数々の栄誉に輝いています。 天 2017年1月1日に登場した、リンクルショット。 日本初承認のシワを改善する薬用化粧品が遂に公式オンラインストアに登場です。 世界で一つのシワ改善メカニズムが肌本来の力でシワ改善を促します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です