筋トレ中の食事で牛丼や豚丼はだめ?筋肉にオススメのメニューも紹介!

筋トレ中で筋肉を付けたい!という時は食事面も気にしなくてはなりません。

外食でも食事の注意が必要です。

外食でお手軽に食べられて、安く食べられるメニューとして、牛丼や豚丼があります。

牛丼や豚丼は筋トレ中に食べてもいいのでしょうか?

牛丼や豚丼などそんなに気にしていないという人は絶対筋トレの意味がないのでこの記事を読むのはやめましょう。 

最後まで読めば、筋トレ中の人にとってとてもいい情報を仕入れることができるかと思います。

では、今回は筋トレ中の牛丼や豚丼はダメなのか、牛丼や豚丼の栄養価やオススメの筋トレメニューについて紹介していきます。

筋トレ中の食事で牛丼や豚丼はだめ?

外食で牛丼や豚丼を食べても大丈夫!

筋肉を作る上で大切になるのがタンパク質です。

実は牛丼や豚丼にはタンパク質が豊富になっているのです。

外食で何を食べるか悩んだら牛丼や豚丼にしましょう

タンパク質やアミノ酸などが含まれているため、筋肉を作ることができ、特に脂肪分が多いわけでもありませんし、筋肉に悪影響な成分が含まれているわけでもないのでオススメです。

牛丼や豚丼の栄養価について

筋トレに牛丼や豚丼はいいということについては理解していただけたかと思います。

では、どのくらいの栄養価があるのか?について紹介していきます。

<牛丼>

牛丼並盛の1杯分の栄養分です。

タンパク質20.4g、ナトリウム1100mg、亜鉛3.8g、アミノ酸7182mgとなっています。

アミノ酸を食事から摂取する際はオススメですし、筋肉に必要な栄養素もたくさん含まれています。

ビタミンも豊富に含まれているので栄養素も十分取り入れることができます。

<豚丼>

豚丼並盛の1杯分の栄養分です。

タンパク質は22.9g、ナトリウムは1232mg、亜鉛が3.9g、アミノ酸が7182mgとなっています。

筋肉に必要な栄養価がたくさん含まれているのでとてもオススメです。

豚肉もビタミンやアミノ酸、タンパク質などがたくさん含まれているので筋トレ中の食べてもらいたい食事の1つです。

筋肉にオススメのメニュー

牛丼や豚丼以外にも筋肉にオススメのメニューがいくつかあります。

では、オススメのメニューを紹介していきます。

<バンバンジー>

牛肉や豚肉以外のものがいい人であれば、鶏肉を使用しているバンバンジーがオススメです。

バンバンジーであれば、野菜をたくさん摂取できるとともにタンパク質豊富な鶏肉を摂取できるのでオススメです。

<海鮮丼>

海鮮丼であれば、ビタミンやカルシウム、アミノ酸などの栄養素が豊富です。

タンパク質も含まれているので筋肉にオススメのメニューです。

<冷奴>

豆腐はタンパク質が含まれていると共に、ビタミンなどが豊富です。

カロリーも低いため、脂質を摂取することもなく、ヘルシーに食べることができるのでオススメです。

筋肉に牛丼や豚丼でも大丈夫!

今回は筋トレ中の牛丼や豚丼はダメなのか、牛丼や豚丼の栄養価やオススメの筋トレメニューについて紹介してきました。

筋トレ中は牛丼や豚丼を食べても大丈夫です。筋肉作りにとても大切なたんぱく質やアミノ酸などが多く含まれているので安心して食べてください。 

まぁ、冒頭でUターンした人には知りえない情報なので、記事を最後まで読んだ人の特権ですね。

某牛丼チェーン店に行って早速牛丼や豚丼を食べるのもいいですね。

コチラもぜひ参考にしてみてください

腕立て伏せにも種類がある!種類と名前を覚えて効果的な筋肉作りを

Source: 肉体改造の王子様

  1929年創業。 研究・開発から生産まで国内の研究所・工場にて行っています。 1500万件を超える肌データを元に、日本人女性の肌を研究し、 その研究を商品開発に活かしています。 ポーラの研究技術は国内外の学会において、数々の栄誉に輝いています。 天 2017年1月1日に登場した、リンクルショット。 日本初承認のシワを改善する薬用化粧品が遂に公式オンラインストアに登場です。 世界で一つのシワ改善メカニズムが肌本来の力でシワ改善を促します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です